縮毛矯正&髪の悩み解消専門店

ブログ

美容室でシャンプー中に痒いところないですか?って聞かれるけど・・・

シャンプーの疑問

こんにちは!三島市の美容院picoro 代表影山です。

どこの美容室に行っても、シャンプー中に毎回のように聞かれること。

お客様、かゆいところないですか?って。

だんだん、うとうとしてきて眠りかけてたのに・・・

まさか!このタイミング?!って、思ってしまう人も多いのではないかと思います。笑

三島市の美容院picoroでは、シャンプー中はほとんどのお客様が眠ってしまうので、まずそのタイミングでお声をかけることもないですが。

そもそもシャンプー中に痒いところをお聞きするとは考えもしないのです・・・

部位で言うと、顔の上にある頭皮。

あたりまえですが、顔と同じで頭皮は皮膚なんです。

その皮膚は、とてもとても摩擦に弱いという事実。

女性の皆様なら、誰もが知っていることですよね!

だから、クレンジングするときも、洗顔するときも、できる限り顔の肌に摩擦を起こさずに丁寧にメイクや汚れを浮かせます。

でも、美容室に行くと、当たり前のようにゴシゴシ洗って・・・

指先で毛穴の中の汚れを落とせるわけではないので、しっかりシャンプーを泡立てたら、そのまま気持ちよく感じる程度の力加減でゆっくりと頭皮を動かしてマッサージをするだけ。

それが、正しいシャンプーの仕方です。

力を入れてマッサージする必要なんてありません!

頭皮をグリグリ動かすよりも、やさしく圧迫してあげたら、なによりも血流が良くなります!

そのくらい頭皮(肌)って敏感で繊細な場所なんです。

もし、自分のこどもが「かゆい!かゆい!」と言って肌を掻いてたら?

普通はすぐに掻くのをやめさせますよね?

だって、敏感になっていたり炎症を起こしていたるする肌に、さらに刺激を与えたらもっとひどくなりますし。

でも、美容室では、シャンプー中に痒い所はありませんか?って・・・

お客様が痒いといえば、美容師はもっとその頭皮を力を入れてシャンプーしたり、何度も擦って刺激を与えたり。

ちょっと心配になってしまいますね!

もし、シャンプーが合わずに痒くなっていたら?

皮脂が少なくなっていて、頭皮が乾燥して敏感な状態で、シャンプー中に痒みを感じていたとしたら?

すぐにでも、シャンプーを流して!しっかりと流して!できれば、37~38℃程度のお湯で流して!

そのあとは、できれば頭皮の保湿をしてあげるのが良いですね。

いろいろなCMで頭皮の汚れを落とさないと?とか、皮脂が毛穴を塞いでしまって?とか・・・

年齢とともに、水分量や油分量が減ってきた女性の頭皮は、そんなに皮脂が溜まっているのか?

picoroでは、髪や頭皮の悩みをたくさん見てきましたが、そんなに脂っぽい女性の頭皮を見ることはまずありません。

それよりも、乾燥していたり、皮脂のバランスが乱れていたり・・・

年齢のせいだけでなく、毎日の生活リズムの乱れや、バランスの悪い食事、ストレスなどの影響を受けてしまっている女性が多いのが現実です。

特に気をつけたいのは、よくわからずに選んだ育毛剤を髪の栄養だと思って毎日のように使っていたりする方。

アルコールがたくさん配合された育毛剤を乾燥した頭皮に使い続けたら、余計に頭皮の乾燥が進んで悪影響になる場合もありますね。

当たり前のようにしているシャンプーの思い込みが、改めて考えてみれば、肌のことをまったく無視した洗い方だったり…

1日に1回のシャンプーでも、1年で考えたら365回。

10年で考えた3650回、30年で考えたら10000回・・・

もし、毎日のシャンプーで頭皮や髪に負担を与えていたら?

積もり積ると心配が増えていきますね!

毎日、たった1回のシャンプーだとしても、それは確実にキレイを生み出すチャンス!!

これからも、今からも、まだまだ数えきれないくらいのキレイになれるチャンスが毎日のように巡ってきますね。

そして、picoroのお客様は、いつものことながらみんなシャンプー中は夢の中・・・

肌寒く感じることが多くなってきた今日この頃。

電気毛布に包まって、ぬくぬくしながらされるpicoroのシャンプーが、もう季節的な恒例行事のようになってます。笑

シャンプー中に頭は温かくなってくるのに、足元が冷えたら身体の中の流れを妨げてしまいますからね。

picoroのお客様は、ほぼ全員が毎回ヘッドスパ(頭皮マッサージ)を受けられてますよね!

頭も含めて身体の中の巡りが良くなった後、自宅に帰ってからしっかりと水分を摂ってあげると、さらに巡りが良くなりますよ!!

記事が気に入ったら
picoroを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

縮毛矯正&髪の悩み解消美容室 | picoro

関連記事