縮毛矯正&髪の悩み解消専門店

ブログ

白髪染めをすると白髪がもっと増える!?

白髪染め

毎月のように繰り返し染めている白髪染め。

皆様は、美容院で白髪を染めるとき、なにに1番気を使っていますか?なにに1番注意していますか?

もしかしたら、毎月白髪を染めないといけないんだから、できるだけ安く!なった人も・・・

白髪染めをすることで生まれるデメリットって?

髪を染めると言っても、様々な方法があります。

一般的に美容院で1番使用するであろうヘアカラー剤(白髪染めも同じ)は、1液と2液を混ぜて使います。

混ぜることで黒髪部分を明るくし、キューティクルを開き、白髪の部分にも色素が浸透していきやすくなります。

簡単に言うと、真っ黒ではなく明るくしながら白髪染め(ヘアカラー)をすることができます。

髪を明るくする=髪の色素を壊す+同時に髪内部の栄養成分も壊してしまう

結果→髪にダメージがある。ということにもつながるのですが、他にも見落とすことのできない落とし穴があるのです。

例えば、白髪を隠したくて白髪染めをしているのに・・・

さらに白髪が増えるきっかけを作ってしまう!!

全てではないですが、いくつもある白髪染め(ヘアカラー)のデメリットの1つと三島市の美容院picoroでは考えています。

白髪を染めて、さらに白髪が増えやすくなる!その理由は?

1剤と2剤に分かれていて白髪を染める前に混合して使用するカラー剤は、2種類の薬剤を混ぜることで活性酸素を作ります。

その活性酸素が、髪を「明るくする」「薬剤を浸透させる」「色素を定着させる」など、白髪を染めるために欠かせない大きな役割を担っているのですが、

白髪を染め終わってシャンプーをしたとしても髪や頭皮には残って残ってしまうのです。

身体や頭皮からしたら、そらがなによりも大事件!!

だって、その活性酸素は老化を早めてしまうものだから・・・

活性酸素にもいろいろ種類があり、常に身体の中では生み出されるものではありますが、白髪染めで使われている過酸化水素から生まれる活性酸素は特に注意です!

過酸化水素はとっても小さい成分で、簡単に皮膚にも浸透してしまいやすいと一部では言われていたりもします。

それが、老化の原因は生み出し、何度かシャンプーをしただけでは落ちない・・・

白髪染め→老化の原因を作る→老化→白髪が増える!!

なんてことになったら、悪循環のオンパレード★ですね。

じゃあ、白髪染めをするときは、どんなことに注意したらいいの?

1にも2にも、白髪染めをした後は、髪や頭皮に残ってしまいやすい酸化物(活性酸素を生み出す原因)を分解→除去してあげることが大事です!

picoroのメニューで言えば、「髪のデトックス」

これは、白髪染めをした後の髪に残りやすい酸化物を、酵素などの力で一時的に分解を早め、それ以上に働かないようにしていくトリートメントです。

結果、白髪染め後に続きやすい&残りやすい髪や頭皮への負担を軽減し、髪本来のあるべき姿へと近づけることができます。

「白髪染めをすると髪の手触りが悪くなるので、手触りを良くするトリートメントを一緒にしましょう!」などと言って、表面的なトリートメントをしている方は要注意ですよ!

一時的に手触りは良く感じても、髪や頭皮の内側からダメージが生まれたり、老化がはやくなってしまうきっかけにもなる可能性がありますからね。

白髪を染めているだけで、さらに白髪が増えやすくなるなんて想像するだけでも残念な結果ですよね。

毎月白髪染めをしているんだけど、最近は白髪が出るのが前よりも早く感じるようになってきたから、2~3週間おきに美容院に通おうかな?

なんて考えている人は・・・

もしかしたら、悪循環にハマってしまっているのかも!?

そんなときは、三島市の美容院picoroへ、ぜひ1度ご相談くださいませ!

記事が気に入ったら
picoroを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

縮毛矯正&髪の悩み解消美容室 | picoro

関連記事