縮毛矯正&髪の悩み解消専門店

ブログ

薬を服用していると、髪質が悪化する?!抜け毛や薄毛が生じる可能性も・・・

髪が抜ける

多くの髪の悩みを相談されるpicoroですが、お客様から「薬を飲んでいると髪にも影響がありますか?」との質問がありました。
ちょっとpicoroの経験や感じていることを踏まえてお話しします。

事実!!薬を飲んでいると髪質が悪くなることはたくさんあります。

あくまでも今まで様々なお客様の髪の悩みと向き合ってきたpicoroの経験を踏まえての話になります。
様々な薬を服用している方の髪質がジリジリしてきたり。
ゴワゴワしてきたりすることは今までに多々目にしています。
貧血のためにサプリメントを飲み続けてきた方にパーマがキレイにかからない・・・
髪がゴワゴワに固くなる・・・あなど、そのような場合も多々。

髪に影響のある薬として有名なものに抗がん剤がありますね。

抗がん剤を使った後に髪が抜けてしまうのですが、髪の抜け方は様々あるようです。
今までに抗がん剤治療後に数年経っても髪が生えそろわない方も見たことがあります。
なぜ抗がん剤で髪が抜けてしまうのか?
抗がん剤の作用として、細胞分裂が特にさかんな場所に影響があるそうです。
髪の毛も常に細胞分裂が活発に行われている場所のですので、そういったところで副作用としての影響があるんですね。

髪の毛は血液から生まれるものだから・・・

薬を飲めば、その薬は血液と一緒に運ばれ全身に届きます。
髪の毛はその血液から作られています。
髪が作られるときに、身体に不必要なものが運ばれデトックスされる場所でもあります。
髪の毛を採取して身体の必要・有害ミネラルの検査をすることもできますよね!

picoroに毎月トリートメントに通ってくださっているあるお客様が来店された時。
肌のトラブルがあって1週間ほど処方された抗生物質を飲んだら、その後から髪がまとまらない気がして・・・
確かに、いつもよりも髪が乾燥して、ゴワゴワ感が強くなっている。
薬以外は、何も変わらずいつも通りの生活をしていたと。

髪を触って感じるキューティクルの乱れ。
根元から始まっている髪の乾燥。
細かい原因を追究しようとしても、できることは難しいので。
髪の状態をしっかりと見極めたうえで、ゆっくりと髪に栄養を与え、髪の状態は回復できました!

そんな髪の変化を目にするのも、毎日のように髪の悩みと向き合っているpicoroでは珍しいことではありません。

以上の内容はpicoroの美容師としての経験からの話になるので、どのような薬剤の使用で髪質にどういった変化があるとは一概には言い切れません。
ただ、『脱毛に影響がある薬剤』に関する内容が専門医が語る毛髪化学最前線に記載されていましたので、参考までに御紹介させて頂きます。

※以下は、専門医が語る毛髪化学最前線からの引用です。
◆休止期脱毛を生じる可能性がある薬剤◆
【降圧剤】
α遮断剤 ー ドキサゾシン など
β遠断剤 - ベタキソロール・プロプラノロール・メトプロロール・アロチノロール など
ACE阻害剤 - エナラプリル イミダプリルなど
Ca拮抗剤 - アムロジピン など
【高脂血症(脂貿異常症)用剤】
HMG‐ CoA還元酵素阻害剤 - アトルバスタチン・フルバスタチン・プラバスタチン など
フィブラート製剤 - ベザフィブラート・クリノフィブラート・フェノフィブラート など
【中枢神経系用薬】
てんかん治療剤-カルバマゼピン・パルプロ酸ナトリウム・トリメタジオン・ゾニサミド・リチウム など
バーキンソニスム治療剤 - ベンセラジド・レボドパ・ベルゴリド など
うつ病・うつ状態治療剤 - イミプラミン・メチルフェニデート など
非ステロイド性消炎鎮痛剤 - アルミノプロフェン・アンフェナク・イブプロフェン・インドメタシン・ジクロフェナク・スリンダク・ナプロキセン など
【消化器官用薬】
H2受容体拮抗剤 - シメチジン・ラニチジン など
プロトンポンプインヒビター - ランソプラゾール・オメプラゾール など
【経口血糖降下剤】- グリベンクラミド・グリクラジド・グリメピリドボグリボース・アセトヘキサミド など
【痛風治療剤】 - コルヒチン・アロプリノール など
【骨代謝改善剤】 - エチドロン酸ニナトリウム など
【ビタミンAと誘導体】 - エトレチナート・トレチノイン・レチノール・ビタミンA など
【内服抗真菌剤】 - フルコナゾール・イトラコナゾール・テルビナフィン など
【抗結核剤】 - エチオナミド・エタンブトール など
【抗ウイルス化学療法剤】 - アンブレナビル・ジダノシン・エファビレンツ・インジナビル・ラミブジン・ロピナビル・ネビラピン・アシクロビル など
【ホルモン剤】
性ホルモン製剤 - フルオキシメステロン・テストステロン など
GnRH誘導体製剤 - ブセレリン・ナファレリン など
子宮内膜症治療剤 - ダナゾール など
【インターフェロン製剤】 - IFNo・IFNβ・IFNy など
【緑内障・高眼圧症治療剤】 - レポブノロール・チモロール など
【抗甲状腺剤】 - プロピルチオウラシル・チアマゾール など
【潰瘍性大腸炎治療剤・抗リウマチ剤】 - サラゾスルファピリジン・メサラジン など
【勃起不全治療剤】 - シルデナフィル など
【血液凝固阻止剤】 - ヘパリン・ワーファリン など

お薬を服用されていて抜け毛や薄毛の悩みがある方は、美容室で相談する前に一度かかりつけのお医者様に相談してみる。
それも、髪の悩みを解決する1つの良い方法かもしれませんね!

記事が気に入ったら
picoroを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

縮毛矯正&髪の悩み解消美容室 | picoro

関連記事