縮毛矯正&髪の悩み解消専門店

ブログ

乾かし方で髪の扱いやすさは全然変わります!

髪を乾かす

髪を乾かす時、ちょっとしたコツを覚えておくと、翌朝の髪のツヤやうねり具合、髪のボリューム感など扱いやすさが全然違ってきます!

■まずは乾かす前にやっておきたい事■
◎しっかりとタオルドライ
根元はタオルの上から指の腹で頭皮をマッサージするように水気を拭き取ります。
中間から毛先にかけては、タオルでゴシゴシとこすり合わせないで、タオルで挟んで押さえるようにして水気を吸い取ります。
ドライヤーの前にしっかりタオルドライをすると、ドライヤーをかける時間短縮になるので、髪も傷ませません。
◎毛流れに沿ってコーミング

前髪をおろす、流す、分け目など、粗めのコームで絡まりがない程度にきちんと髪を梳かしておきます。

■髪は根元から乾かす!■
ただ乾かしているだけだと、髪の表面や毛先ばかり乾いてしまい、ダメージやまとまりのない髪になってしまいます。
まずは髪の根元を意識して乾かしていきます。
特に毛量が多い後頭部の内側は、乾きづらいところなので、表面の髪をかき分けて風を当てていきます。
ロングで大変な方は、はじめにクリップで上の髪の毛を留めてしまうと楽です。
ある程度根元を乾かしたら、中間から毛先にかけては、ドライヤーを斜め上45度から当てて、髪を引っぱりながら乾かしていくと、キューティクルが整い、広がりを抑える事ができます。
ボリュームを出したい方は、髪の根元を持ち上げながら、一か所だけでなく、いろいろな方向から
風を当てていくとふんわり仕上がります。

◎最終的には、髪の毛全体で8~9割乾いてる状態でストップ!
残りの1〜2割は冷風に切り替えて乾かしていきます。こうする事で、髪の毛がきちんと引き締まり、ツヤやまとまりのある状態でキープできます。

特にこの時期は湿気で髪の毛が広がったり、ぺちゃんこになったりしやすいですよね。

ちょっとした乾かし方のコツを覚えて、少しでも良い気分で過ごして下さい!

池田でした。

記事が気に入ったら
picoroを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

縮毛矯正&髪の悩み解消美容室 | picoro

関連記事