縮毛矯正&髪の悩み解消専門店

ブログ

「梅雨の時期~夏のお風呂上り」髪が濡れたままでいるのはすごく危険です!

髪 自然乾燥

梅雨に入り、出先で急に雨が降ってきて髪が濡れちゃった。
雨が降っててもパラパラと小雨だし、すぐそこまでだから傘は要らないかな。
お風呂上がりで熱いから、ドライヤーは止めとこう。

梅雨から夏にかけてのこの季節は、誰もが1度は頭に考えることでしょう。
そして、そのまま自然乾燥で済ませてしまったりしていませんか?
お風呂上りに、髪を乾かさずに寝てしまうなんて、もってのほかですよ!!

濡れているときの髪は非常にデリケートな状態です!

髪が濡れたままだとなぜ傷むのか?
それは髪が乾いているときはおとなしく閉じていたキューティクルも、髪が水分を吸ったとたんに開きっぱなしになってしまうからなんです。
髪が水分を吸った状態が続くと、キューティクルはどんどんもろくなり、ちょっと髪同士が擦れただけでもキューティクルを傷つけてしまいます。
濡れたまま寝てしまても頭や背中と枕の間に髪は挟まれ、寝ている間にほんの少し動いただけでもキューティクルが剥がれてしまう危険があります。

髪が濡れたままでいると頭皮や肌にまで悪影響が・・・

髪が濡れたままの状態でいると頭皮の上ではいつも以上に湿度が高くなり、雑菌や細菌が繁殖しやすいということも起こりえます。
そう!梅雨のこの時期に室内に干した洗濯物が臭くなってしまうのと同様に雑菌の増えた頭皮も、もちろん臭くなってしまいます。
そして、汗まで書くなんて・・・
ちょっと想像しただけでも気分が滅入ってしまいそうですね。

そんな頭皮のままで、キレイな髪を伸ばそう!とか、健康な髪を育もう!とか、そんなことはまずできません。
頭皮が冷えて血流の悪化にもつながりまし、頭皮の血流が悪いと白髪ができやすくなったり薄毛の原因になります。

なにげなく、この季節にやってしみそうな髪の自然乾燥。
「どうせそのうちに乾くから!!」なんて思わずに、「なんで髪を乾かさないといけないのか?」そう思って、しっかりと乾かしてくださいね!
それが、きれいな髪を育むための第一歩です!

記事が気に入ったら
picoroを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

縮毛矯正&髪の悩み解消美容室 | picoro

関連記事